食べられる人、食べられない人

あなたやあなたの子供たちは、近い将来豊かに生活できますか。って聞かれたらどう答えますか。
これからも、学歴社会が続くと思いますか。
食べられる人
もし、大丈夫だと思う方は、「本当に大丈夫」って問い直してみて下さい。
それでも、Yesならこれ以上読む必要はないと思います。
しかし、Yesの人の中に既に「茹でがえる」になっている人もいるかもしれません。

Noの人も、「そうは言っても」学歴や学力が大事だと思っている人の方が多いのが現状です。
つまり、いい大学へ入るための勉強、そしていい会社に入ることが目的になってませんか。

本当に大事なのは他にあるんじゃないかなって感じませんか。
少し前にも、「お金より生きがい」ということを言う人が沢山いました。
それでも、いい大学、いい会社をみんながめざしいます。

昭和の時代、日本は高度成長期で常に右肩上がりの時代でした。
学校や会社では、みんながラジオ体操をして、みんなが決まった時間に決まったことをしていました。
テレビのゴールデンタイムは夜7時からで、
視聴率も今の数字と比べ物にならない数字でした。
同じことをして、みんなが中流意識をもって暮らし、老後は年金もらって静かに暮らす時代でした。
これからも、このような時代が続くと思えるでしょうか。

現在、日本は少子高齢化ではなく、少子高齢時代になりました。
年金も崩壊しています。
あなたやあなたの子供の時代に年金はいつからもらえるのでしょうか。

食べられる子供が今やっていることはなんだろうか。

自分の暮らしは自分でつくる

広島っぷメンバーへ是非登録下さい。